照明1つで雰囲気が変わる!【ダイコーの照明を選ぼう】

照明を買う前に!光源の種類を比較

最近人気のLED

最近から、LED光源を使っている家庭は増えています。LED光源は、消費電力が少なく蛍光灯に比べて寿命が長いため長く使いたいという人や、節電したいという人達から注目されています。しかし電球がきれてしまった場合は、器具全部を変える必要があります。

親しみのある蛍光灯

消費電力に関してはLED光源よりも高いと言われていますが、電球がきれてしまった場合は蛍光灯部分だけを変えることができるため手間がかかりません。また、電球の色を購入するときに選ぶことができるため使う場所に合わせて変えることも可能と言われています。

自宅にあるとお洒落に見える照明器具ベスト5

no.1

シーリングファン

シーリングファンと電灯がセットになっている、シーリングファンは室内の空気を上手く対流させながら部屋を明るく照らしてくれます。そのため、広いリビングなどに設置しているとお洒落に見えるだけではなく冷房・暖房の効率を上げることができるというメリットから1位に選ばれています。

no.2

ベースライト

天井にくっついているタイプのベースライトは、吊り下げタイプの照明に比べて安定感があるため家族向け住宅に多く設置されています。簡単に交換できるタイプもあるため、電球がきれたら自分で交換したい・シーリングを外して掃除したいという人達から人気です。

no.3

シャンデリア

お洒落で気品ある雰囲気の部屋にしたい!という人達は、照明を選ぶときシャンデリアを選んでいると言われています。華やかさがあるため、照明としての役割だけではなくお洒落なインテリアとしての役割も果たしてくれるでしょう。3位になってしまった理由は、ちょっと値段が高いためです。

no.4

ダウンライト

部屋を広く見せたい・スッキリとした空間にしたいという人達からは、ダウンライトが人気です。天井に埋め込んでいるため、部屋全体を広く見せることができます。しかし照らす範囲が狭いため、大きな部屋に設置する場合はコストがかかってしまいます。

no.5

ポーチライト

帰宅して来た家族を優しく照らすポーチライトは、戸建て住宅を持っている人のほとんどが設置しています。暗くなりがちな玄関をポーチライトで照らせば、玄関先でのトラブルを回避できるだけではなく、暖かい気持ちになれるでしょう。しかし、アパートなどには設置できないため、5位になっています。

照明1つで雰囲気が変わる!【ダイコーの照明を選ぼう】

照明

キッチンの照明に最適

キッチンにつける照明を探しているという人は、ダイコーのキッチン向け照明を選んでみましょう。シンク部分だけではなく、キッチン全体を明るく照らしてくれるため料理しやすくなります。また、LEDライトなら虫が寄りにくく食材の自然な色味を確認できるため便利です。

リビングには明るい照明

家族が集まり、リラックスする場所と言われているリビングにはリビング向けの照明が最適です。キッチンのように、色味を重視しないため、雰囲気に合わせて選ぶこともできます。ダイコーのリビング向け照明は、種類が多いため用途やイメージに合わせて選んでみましょう。

玄関にはコンパクトな照明

玄関に照明を設置するなら、大きくて幅をとるタイプよりコンパクトタイプの照明も良いと言われています。足元部分に設置すれば、夜間に帰宅しても足元部分だけ照らすことができるため家族を起こしてしまう心配が無くなります。玄関の外に設置するなら、屋外灯などもあるため調べてみてください。

広告募集中